トラベルプリペイドカード おすすめはどれ?

 

トラベルプリペイドカードを探していますか?

 

海外旅行、海外留学、海外出張など、海外へ行く機会はとても増えていますね。
そこでときどき問題となるのは、外国通貨での支払い方法ですね。

 

支払いの時プリペイドカードを使えば便利なんですけど、いくつかあってどれがいいかわからないかもしれません。

 

そこで、海外で使えるトラベルプリペイドカードの中でも私が一番おすすめするのは、

 

マルチカレンシーキャッシュパスポート!

 

です。

 

その理由は、

 

@Tポイントがたまる!

 

A暗証番号を確認しやすい。

 

B家族から海外送金を安い手数料できる。

 

B為替手数料を無料にできる場合がある。

 

Cスペアカードを持てる。

 

D世界でも使える国が多い。

 

E問題が起きても24時間対応してくれるサービスがついている!

 

といったことがあげられます。

 

 

海外専用トラベルプリペイドカードキャッシュパスポート公式サイトはこちら

 

 

このあと詳しくキャッシュパスポートのメリットについて詳しく説明しますね♪

 

 


おすすめトラベルプリペイドカード・キャッシュパスポートのメリット!

メリット1 Tポイントが付く!


キャッシュパスポートのメリットの一つ目は、海外でプリペイドカードカードを200円使用ごとにTポイントが1ポイントつきます!

私はツタヤでCDやブルーレイ借りたりファミマ行ったりドトールコーヒーシいってよくTポイントを貯めているのでうれしいサービスです♪

これはほかのトラベルプリペイドカードには見られないサービスで、海外での購入でためたTポイントは日本で使用することができます。

この点ではTポイントによって、入金手数料がかかるというマイナスポイントが少しだけ緩和されれますね。

Tカードをもっていたり、Tポイントをよく貯めている人にとっては、キャッシュパスポートはより使いやすくなるトラベルプリペイドカードです。


メリット2 スペアカードを申し込める!


トラベル


キャッシュパスポートのメリットの2つ目が、スペアカードが無料で申し込めるということです。

キャッシュパスポートを一枚なくしてもスペアカードがあれば支払いに困ることはありません。

スペアカードをもっていることは特に海外で盗難にあったときに安心です。

自分の不注意でなくすということはあまりないことですが、盗難は注意していてもおこることがあります。

私もヨーロッパのジプシー?にバッグを握られたときはドキドキしました。。

特に海外は、日本と環境が違うので日本にいるときのような感覚は禁物ですね。。

海外でカードの盗難にあったら日本と違いなかなか手元にお金がなく、銀行から引き出すこともできず、買い物に行けないということがあるかもしれません。

そのようなリスク回避という意味で、スペアカードがあることでとても安心できます。

いくつもカードを持っていかなくて済むので助かります。

種類の違うカードを失くすと、停止させる手続きが面倒なのでできればスペアカードを持ち歩きたいところです!



メリット3 暗証番号をWebで確認できる。


キャッシュパスポートは暗証番号(PIN)が必要ですが、万が一忘れてしまってもキャッシュパスポートの管理画面から確認することができます。

暗証番号ってみなさんたくさん管理していませんか?

使いまわししてたら問題ないかもしれませんが、使いまわしはよく危険なのでやめてください言われますよね。

ですが、使いまわさなければ暗証番号の管理が大変!

というか必ずいくつかは忘れているものがあると思います。

キャッシュパスポートの暗証番号は、仮に忘れてしまっても簡単に確認できるので、この部分も安心です☆

確認の仕方は会員サイトへログインして、『設定』ボタンを押して、暗証番号の確認という画面があらわれますので、そこで確認ができます。

暗証番号は忘れがちですので、確認しやすいというのも大きなメリットの一つだと思います♪


海外専用トラベルプリペイドカードキャッシュパスポート公式サイトはこちら


メリット4 本人以外の家族からも入金可能


トラベル

有名なプリペイドカード、マネパカードと異なり、キャッシュパスポートは本人以外の家族からの入金が可能です。

たとえば親や兄弟などです。

私が海外旅行したしたときは親から少し送金してもらいました。

親のほしいものを頼まれただけですが笑

急に思っていた以上にお金が必要になることありませんか

そんなときこのいつでも送金できるというのは便利です。

ただし事前に入金委任状の登録が必要となりますので、海外留学など家族からの送金が必要になる可能性があれば、委任状を登録してください!

委任状の登録さえすめば、海外への送金が比較的少ない手数料で可能となります。

一親等以内(親、子、夫婦)ならインターネットで委任状の登録ができますのでより楽に登録できますよ!


トラベルスーツケース

メリット5 為替手数料が無料になる場合あり


キャッシュパスポートは通常4パーセントの為替手数料がかかります。

しかし、為替手数料を無料にすることができます!(個人的には一番魅力的)。

やっぱり手数料は無料がいい!

キャッシュパスポートはある一定の条件をみたせば無料にすることができます。

ここは、少しわかりにくいかもせれませんが、結論から言えば、キャッシュパスポートの持つ9つの通貨口座に入金をしておけば、それぞれの通貨を使用している国の中で、支払いをする場合に限り為替手数料はかかりません。

たとえば、米国ドル口座にお金を入金していれば、アメリカ(または米ドルを公用通貨にしている国)で買い物をしたりお金を引き出しても為替手数料はかかりません。

しかし、米国ドル口座にしか入金しておらず、ユーロを引き出そうとしたとき、米国ドルをユーロへ交換するときにお金がかかります。

これを為替手数料といいます。

ネオマネーだと口座が日本通貨しかないため、毎回為替手数料がかかります。

この点、9つの通過口座をもつキャッシュパスポートは、それぞれの通貨を公用通貨としている国(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)に行けば、通貨口座に入金さえしていれば、お金を引き出したり、支払いをするときでも為替手数料はかかりません。

ただし、この為替手数料が一番安いのはマネパカードです(3%)。

キャッシュパスポートがこのマネパカードより有利な点は、通貨口座を多く持っている(キャッシュパスポートは9つ、マネパカードは6つ)ことに加え、公用通貨の通貨口座に入金していない場合でも、お金の引き出しや、ショッピングでの買い物ができる点にあります。

以下で説明します↓↓

メリット6  使用できないという制限がない


トラベル

キャッシュパスポートは、もし海外に行った時にその国の通貨口座にお金がなくても、他の国の通貨口座から支払いができます。

一方マネパカードは、6通貨口座(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル)を公用通貨にしているところでは、その通貨の口座に入金していなければ、マネパカードは使用できません。

上記の6以外の他の国なら、米国ドル通貨口座に入金していれば、為替手数料と現地のATM手数料を支払えば使用可能です。

これについて、キャッシュパスポートはそのような制限はなく、為替手数料はかかりますが、キャッシュパスポートの通貨口座に入金していれば支払いができないということはありません。

私はいろいろな国に旅行したいのでたまに通貨口座に入金を忘れることあります。

そんなときにでも安心して支払えるのが安心で助かっています。


以下の人におすすめ


今まで調べてきたことをまとめると、こういう人におすすめです♪

@tポイントためたい

A暗証番号を確認しやすい

B家族から海外送金したい(送金費用を安くしたい)

B通過口座のある国(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)で滞在する(為替手数料かからない)

Cスペアカードで安心したい

D為替手数料を無料にしたい

E使用できないという制限がないほうがいい(多国を移動する予定ある人)

F問題が起きても24時間対応してくれるサービス付き(メリットにあげてないけど安心♪)



海外専用トラベルプリペイドカードキャッシュパスポート公式サイトはこちら

おすすめトラベルプリペイドカード・キャッシュパスポートのデメリット

通貨口座

これまで、マルチカレンシーキャッシュパスポートのメリットばかり見てきましたが、デメリットも気になりませんか?

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートはメリットばかりではありません。

 

デメリットは2つあります。

 

デメリット1 管理手数料

 

デメリットの一つ目は、、月間カード管理費用(12か月間未使用の場合)。がかかるということです。

 

トラベルプリペイドカードはマネパカードやネオマネーといったものがありますが、これらの管理費用はかかりません。

 

しかし、キャッシュパスポートには管理費用がかかる場合があります。

 

この点は、キャッシュパスポートのデメリットと言えるかもしれません。

 

少しでも管理手数料は抑えたいですね(-_-;)

 

他にもトラベルプリペイドカードがあってそちらがお得ならそっちがいいですよね。

 

ただし、キャッシュパスポートに管理費用がかかる状況というのは、12か月間未使用の場合であり、1年に一回でも海外に行って利用する予定があれば全然心配ありません。

 

また海外に行かなくても1回でも入金すれば12か月間管理料は発生しません。

 

さらに、管理費用がかかるといっても、カードの残高が、管理手数料150円以下であれば、それ以上引き落とされることはありません。

 

このように管理費用は事実上あまり問題にならないのです。

 

キャッシュパスポートに管理費用がかかると聞くと不安になるかもしれませんが、年に1回以上使用することと、カードの残高を150円いかにしておくと管理費用はかかりません♪

 

 

デメリット2 入金時に手数料がかかる

 

次に、デメリットの2つ目は、カードのチャージ入金時に手数料が入金額の1%かかるというところです。

 

10万円入金したら1000円ですね。

 

これはほかのトラベルプリペイドカードのマネパカードで無料にできる(少し複雑な手続きは必要だけど)のと比べるとデメリットと言わざるえないですね。。

 

手数料は抑えたい!

 

ただしキャッシュパスポートは他社とは違うサービスを準備しており、Tポイントがたまったり、海外送金のしやすさや、通貨口座を多くしている点などで、この手数料のデメリットをカバーしているように思います。

 

使う人の目的によってキャッシュパスポートのメリット、デメリットはあるとおもいますが実際に使ってみてわかる便利さもあると思います。

 

発行手数料は無料ですのでぜひ一度試してみることをおすすめします♪

 

海外専用トラベルプリペイドカードキャッシュパスポート公式サイトはこちら


更新履歴